高所作業車が大活躍|使いたい時に気軽にレンタル

女性作業員

購入だと高い

作業現場

高所作業車に乗って、作業員が電信柱の工事をしている場面を見たことがある人は少なくないでしょう。とても便利ですが、頻繁に使わないのであれば購入よりも借りるほうが良いのかもしれません。

手配をするために

現場

高所作業車を手配する時

外壁や屋根などの高い場所での作業を行う必要が生じた場合は通常外部足場を設置し作業を行うのですが、工事場所に足場を設置する事が出来ない時や足場を設置すると作業性が悪くなる時、足場設置に必要な費用よりも高所作業車を使用した方が経済的な時等に高所作業車を使用する事が多いです。 実際に高所作業車を使用する時はレンタル会社に依頼し、レンタル商品として高所作業車を使用する事がほとんどと言えます。高所作業車のレンタルを手配する時ですが注意しておきたい事はレンタルの在庫状況と希望の日程で搬入する事が出来るかという事です。また、保有している機械が法定点検を受けており、常に整備されて安全に使用する事が出来る状態である事も大切な事です。

なぜレンタルで使用するのか

一般に高所作業車を使用する人は必要な資格は持っていても高所作業車その物を保有していない場合がほとんどです。例えば工事現場で機械の手配を行う建設会社の社員、建設会社から依頼を受けて高所作業を行う作業員等は機械その物を保有していません。また、新たに購入するとなりますと購入費用が発生し、レンタル費用の方が安くで済む場合がほとんどです。このような状況なので高所作業車の使用はレンタル会社から借りて使用する事多いのです。 また実際に高所作業車を保有している場合も有りますが、法律に定められた点検を受ける為の費用や日常的な点検・整備等の機械を維持管理する為に発生する費用の事を考えますと、レンタル会社から常に整備された物を借りる方がメリットが有るとも言えます。

作業内容に合わせて

実施者

高所作業車は高い位置の工事、例えば電線の工事などを行う際にとても便利です。しかし実際に電線工事などを行う業者でも、高所作業車を持っていない場合があります。その場合、使う時だけレンタルしているのです。

借りるとお得

ヘルメット

クレーンを始めとする高所作業車はとても重要視されています。建設現場では高い場所での作業が必須となるので、クレーンの有効活用で時間短縮にも繋げられます。レンタルするとお得です。